クアラルンプールからジョホールバルへ(バス編)片道だいたい1000円。

この記事の所要時間: 630

マレーシア南部への長距離バスはここでほぼ一本化

鉄道3路線の駅と接続されていてとても便利なバスターミナル。そのうちの1路線は、空港とKLセントラルを結ぶ線なので空港からも便利です。

古いガイドブックには東部、北西部、南部などの地域別にバスターミナルが分かれていることが記載されているようですが、現在は長距離バスでクアラルンプールとはいえば、ここTBSが本数も多く便利なことで有名です。

マレーシア北部へはプドゥ・セントラル(プドゥラヤ・バスターミナル)というバスターミナルからもバスが出ています。

またクアラルンプール国際空港(KLIA,KLIA2)からは各地域へのバスが出ています。ペナン・セレンバン・マラッカ・イポー・シティアワン・ゲンティンハイランド、ペタリンジャヤ、クラン・ジョホールバル・バトゥパハッなどにそれぞれ向かいます。

クアラルンプールよりも南部に行く長距離バスを利用する場合はTBS発。

クアラルンプールの郊外にあるバンダル・タシッ・スラタンバスターミナルは、TBS(Terminal Bersepadu Selatan)と呼ばれています。TBSといえば大抵通じます。

TBSは巨大な空港のような近代的なバスターミナル

チケットはLevel3のカウンターで買います。

パスポート必携

ひとつ注意しなければならないことは、バスのチケットを買うときに、パスポートの提示が必要なことです。乗り場はLevel2です。

バスチケット購入は、どのカウンターでもOK

マレーシアの他の地域のバスカウンターは、バス会社ごとにカウンターが別れていることが多いです。

しかしTBSのバスカウンターはどのカウンターに並んでも同じです。

行き先はたくさんありすぎです、バス会社も多いです。ですので掲示する必要がないのかも知れません。

ジョホールバル行きのバスは以下のような選択肢があります。インターネットで予約することもできます。

  • Seasons Express
  • Super Coach Express
  • Billion Stars
  • Transnasional
  • Causeway Link
  • Inter Top Express KL
  • Maju Express

バス会社によって、乗車時間や乗車料金がかわります。事前に乗車料金と乗車時間を調査しておいてもいいかもしれません。

だいたいどのバスも30シート(3列シート)なので、座席がが狭すぎることはありません。
※ 本当は狭すぎるものがあるかもしれませんが乗車経験がありません。

バスによっては、座席にUSBコネクターがついていてモバイル機器の電池不足を気にしなくても大丈夫✨なものも。

さて、、空いているカウンターを探して並びます。

事務処理は、、、遅いです😅💦

画面を見ながらバス・チケット購入

カウンターで『ジョホールバル行き』で一番早く乗れるものを、と告げます。
カウンターには、チケット購入者に向いたモニターがあり、バス会社や乗車時刻、金額が表示されました。

乗車日時によって金額が変わるかと思いますが、今回の選択肢は、
RM29(780円)〜RM40(1,076円)で、4つのバス会社が1時間以内に出発することがわかりました。


スポンサーリンク

乗車バスを選択した後、座席を選択します。

最初に選んだバスは、満席に近く、必ず隣に誰かが座っている配置になっていたので、

バスを選びなおしました。

RM28.80(775円)という激安バスに

RM28.80(775円)

パスポートを見せて、チケットを購入。現金で支払います。

印刷されたチケットには出発のゲート番号Gate:02と表記されていました。

一つ下の階へ移動

出発ゲートはLevel2です。エスカレーターを降り、出発ロビーに進みます。

ゲートを通ってエスカレーターから下に降ります。警備員さんがチケットをチェックします。

出発ロビーには、電光掲示板があり、乗車手続き中のバスや、次に来るバスなどが時刻表とともに表記されています。

購入したバス会社は「Billion Stars Express」。激安でしかもガラ空きでした。乗車率は30%ほど。

A2という乗り場のようです。

バスが到着した後、乗車直前にカウターの係員にチケットを見せて、外に出てバスに乗ります。

それまでは、待合用の座席で待機します。

乗り心地悪し・乗車時間長し…。

バスの座席の広さは申し分がなかったです。ガラ空きだったので隣の座席に荷物を置いたり、リクライニングを深く倒しても問題なかったです。

しかし、バスが古かったのかサスペンションやエアーブレーキの状態が悪いです。ブレーキのたびにスーという音がしますし、乗った場所が悪かったのか、上下に揺れました。熟睡できなかったのが残念です。

激安には裏がある。

乗車時間が長い😔

7:10pmにTBSを出発し、ジョホールバルのラーキンバスターミナルに到着したのは12:00am。5時間も乗車したことになります。
スケジュール通りなのですが、早いバスならもっと早く到着するので・・。

それから大抵のバスはYong Pengで休憩を入れるのですが、乗車人数が少なかったからか、休憩なしでした😙。

トイレに行きたい人やお腹がすいた人がいれば大変だったかもしれません😅。早く帰りたい人はラッキー。

ところが・・・。ラーキンまであと少しというところで、随分と路線を外したので、、なんだろうとびっくり😲しました。

ジョホールバルに入った後に直接ラーキンに行かず、『パシル・グダン(Pasir Gudang)』バスターミナルに寄ったのです。乗客のほとんどがここで降りました😱

チケットを購入するときにしっかりと確認しておけばよかったかもしれません。

店舗名
Billion Stars Express
URL
Facebook

TBSのまとめ

  • 飛行場のような大きなバスターミナルです。このバスターミナルには3本の鉄道が隣接しています。
  • チケットを買うのに身分証明書(パスポート)が必要になります。
  • たくさんのバスの中から一つを選ぶことができます。カウンターのオペレータが助けてくれます。
  • タイミングによりますが、RM29(780円)〜RM40(1,076円)くらいで大人一人(片道)のチケットが買えます。乗車時間は4時間強から5時間ほどです。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。