九九の混乱 ー 音に敏感な海外生活小学生は、言語学習が得な反面大きな損も。

この記事の所要時間: 558

言語能力が発達する速度が早い分、失われているものも

海外生活をする前にも外国語には触れていたのですが、引っ越してきた後に本格的に言語のシャワーを浴びることになりました。

フィービィ
フィービィ
英語もだいぶできるようになりました

子どもには言語を学ぶ優れた能力があるために驚かされます。特にすごいなと思えるのはシャドウスピーキングです。他の人が話したり歌ったりする0.5秒後くらいに、意味を理解せずにそのまま口から出すことができるのです。マレー語、中国語、英語も。

音韻の認識が敏感なのかもしれません。しかしそのためか、困った問題も引き起こされています

言葉の発達の過程で音韻体系の発達は、すでに持っている能力を失わせることによって、母語の言語体系に適応させていくことになっているようです。

言語が増えるほど、脳内で言語体系を整理する活動が忙しくなり、不要と思える音節や音韻を取り除いていきます。言語認識が出来上がってしまった大人になってから外国語の正しい発音を習得するのが難しくなるのもなんとなくわかる気がします。

失ってしまったもの = 九九を日本語で覚える能力

掛け算はどうやって覚えるのでしょうか

日本にいた時から公文式で九九を覚える努力をしていました。幼稚園の頃から九九をやっていたのですが、小学3年生になった今、まだ完全には覚えていないため、算数で苦労をします。

海外での算数の違い

日本人は、九九を覚えて計算するので、脳の言語野のある左脳を使います。西洋人は掛け算表を使って覚えるので視覚に関係した右脳が利用されているようです。

日本人の九九は韻を踏みながら覚え、覚えてしまった後は道具として使ってしまうので楽です。完全に覚えてしまってから海外に出ると良いかもしれません。

同じクラスの韓国人の女の子は3年生から転入。インターナショナルスクールに入りたてのため英語はあまりできないものの算数は常にトップです。計算時に頭でハングルの九九が出てきているようです。


スポンサーリンク

日本語の九九は独特💦

次のような特徴があり記憶を困難にしています。

  1. 音が似ているものがあり混乱する
  2. 数字の読みに一貫性がない
  3. 普段使わない日本語音

たとえば…。

  • 4 × 4 = 16(し・し・じゅうろく)
  • 7 × 4 = 28(しち・し・にじゅうはち)
  • 2 × 7 = 14(に・しち・じゅうし)
  • 7 × 6 = 42(しち・ろく・しじゅうに)
  • 6 × 8 = 48(ろく・しじゅうはち)
  • 7 × 7 = 49(しち・しちしじゅうく)
  • 3 × 3 = 9(さ・ざん・ガ・く)
  • 3 × 6 = 18(さ・ブ・ろく・じゅうはち)
  • 3 × 8 = 24(さん・・にじゅう

まるで早口言葉です。普段の生活では使わない発音で数字を読みます。7と4は音が似ています。8の段や×8の8は読み方がバラバラ。この特別ルールのほうが九九を覚えることより気になります。

学校の授業では12×12まで覚えて使っているので、九九だけでは対応できないです。当然ですが日本語では出題されません。

母語とも言えない九九の暗記、日本にいた時に完璧に覚えておくとよかったです。覚え始めてから3年になろうとしているのですが、混乱して間違ってしまいます。

もはや、この道具自体が外国語💦

ひたすら覚えるのみ

復習は各家庭で、というがインターナショナルスクールのスタンス。算数も次々と進んでいきます。日本の学校のようにドリルで頭に定着させるための時間は取り分けられていないようです。

ドリルで100マス計算をひたすら🏃🏻🌬

インターネット上にはプリントが充実しています

書店で購入する必要がなく、とても便利です。ホームスクーリングにも使えます。

我が家では100マス計算を時間を測りながらしています。親子で競争も。時間の履歴から進歩を自分で確認できます。

サイト名
ぷりんときっず
プリント
http://print-kids.net/print/sansuu/hyakumasu-kakezan/
サイトの詳細
ちょっと(どころでない)気が利く学習プリント。幼児〜小学生向けのプリント類がPDFでダウンロードできます。
利用規約
個人利用・団体での利用・学校での利用・企業での利用、規約の範囲内で全部無料でご利用頂けます。

サイト名
ちびむすドリル
プリント
http://happylilac.net/100masu.html
サイトの詳細
無料学習プリント・教材プリント。幼児〜中学生向けのプリント類がPDFでダウンロードできます。英語や社会もあります!。未就学児用の動画コンテンツも。
利用規約
当サイト内のコンテンツを印刷したものは、特定の場所(店舗や施設の待合室、催し、幼稚園や保育園内での活動、小学校・中学校の授業や宿題としてなど)で、無料で配付することができます。その際、プリントに書かれているクレジット表記(当サイト名やURL、イラストレーター・作者名など)は、消さずにそのままご利用ください。

他にも海外の学校では日本とは異なる学習があります

以前にもこのような記事を書きました。

親が日本で学んだやり方をそのまま教えるだけでは、難しい場合があります。

思考を変えてみる工夫も

脳科学者の池谷裕二氏とコピーライターの糸井重里氏の対談をまとめた「海馬」という本が興味深いです。

九九を81個も暗記するより、ぼくの方法なら10倍することと2倍することと半分にすることの三つの方法だけで全部できる。ぼくはぜんぜんものを覚えられませんから、方法を覚えるしかないんです。(池谷裕二氏)

九九の混乱のまとめ

  • 言語学習のためには早めに海外に移ることが望ましいですが、九九は完璧にできた状態できた方が良さそうです。
  • 音で九九を覚えて算数をさせるべきか、悩むところです。結論は出ていないですが伝統的な日本の九九は一応覚えるように助けます。
  • 視覚を使っても覚えられるように、プリント(ドリル)をひたすらこなします。無料のドリルがあります。
  • 少しでも楽しめるように、100マス計算を、時間を測りつつとき続けます。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。