海外の学校で学ぶ聞き慣れない“クォーター”と時間計算に苦しむ日本人発達障害者

この記事の所要時間: 433

時計と時間についてはとことん苦手な発達障害者

時間の感覚についてさらに記録しておきます。個人差はありますし、ADHD持ちの人がすべてという訳ではないようですが…。

まず前段の話です…

発達障害者は、何分後の時間という抽象的な概念を捉えるのが難しいようです。いま目にしている世界がすべて。例えば、今6時10分として、今から30分間宿題をしてねと言うと、6時30分までを30分間だと答えるのです。「違うよ、6時40分までだよ!」と怒られます。同じようなパターンで何度も失敗してしまうのです。

こんな親子のやりとり、普通の感覚ですと何をやっているんだか、という感じですよね😖💧

フィービィ
フィービィ
この思考パターンが結構大変💦

長針と短針の果たす役割や数字の意味をつかめていないようです。

手で動かすことができる時計を購入して操作しても。

絵で時計を書いて、その上に長針・短針を乗せて動かすようにしても。

時計に分単位のメモリを書いたとしても…。

その場では理解しているかのような感じなのですが、少し応用問題をすると途端に困り果ててしまうのです…。

大人からすると結構簡単だと思うのですが・・・。


努力はしているのですが・・・センスに問題アリですね💧

どう対処するかというと・・・。

くもん スタディクロックが良いそうです

海外では入手が難しいので同じ概念の時計を印刷して作ります。

文字盤の概念をしっかり頭に入れます。

だいたいできたところで、

ちびむすドリルを印刷

問題文になると途端に抽象的な概念になってしまいますので、問題のパターンに慣れていきます。

日本語版のドリルをシャカリキに✍️💦
英語版のドリルもひたすら🏃🏻💦



学校から与えられた教材には、ドリルのような繰り返し同じバターンで学べる教材がないです

また特に宿題も与えられていないので、学校の教育についていくためには家でサポートする必要があります。(塾へいくという手もありますが)。

インターネット上にはPDFで良い教材があるのでダウンロードして利用します。

アプリも活用できます

楽しく時間をよもう(無料版)

楽しく時間をよもう(無料版)
無料

このアプリが良いとの評判が。

時計を二つ並べる説明の仕方が分かりやすいです❗️😳

動画の説明も(日本語で)

これでようやく皆さんの足を引っ張ることないところまでたどりつきました。

さて、クォーターという概念は…というと

日本でクォーターと聞くと、

  • クォーター・パウンダー🍔
  • 民族や人種の異なる血が4分の1流れている人。つまり祖父または祖母が他民族・他人種・他国籍である人のこと。
  • バスケットボールなどのスポーツにおいて試合を4分割した時間区分。
  • 会社の四半期決算

を想像します。

海外では、4分の1を一つの単位として考える機会が多いです

上述の“クォーター・パウンダー”は、ハンバーガーに4分の1ポンド(重さ)の巨大サイズのハンバーグを使う、というものです。
ほかにも、25セント硬貨はクォーターとしても知られています。
中国語でも◯時15分のことを◯点1刻、◯時45分のことを◯点3刻と呼びます。クォーターの概念があります。

それで、

海外の算数の授業には4分の1単位で計算する問題が出てきます
ある程度パターンを頭にいれたいところです。この思考パターンは日本ではあまり接することはないかもしれません。

たとえばこのような問題があります

上の問題には、時間を計算するためにクォーター(quarter)が登場します。

続く下の問題には、オレンジをクォーター(quarter)単位で等分に切った場合のクォーターが登場します。掛け算が頭に浮かばないといけないです。

同じクォーターなのに、数値や単位が全然違います。導きだすための計算方法も。抽象的な概念を理解するのが難しい発達障害児にとっては大変なのです😵

フィービィ
フィービィ
やっぱり、この思考パターンが結構大変💦

抽象的な概念は実物教育で

モノや動画を使って繰り返し学ぶ必要があります

他にも海外の学校では日本とは異なる学習があります

このような記事を書きました。

親が日本で学んだやり方をそのまま教えるだけでは、難しい場合があります。

時計と計算、クォーターについてまとめ

  • 個人差はありますが、抽象的な概念を理解しにくい発達障害児には時計の概念の理解が難しいようです。
  • 海外ではクォーターという単位も用いられるので、覚えておく必要があります。
  • 日本のドリルのようなものは、家庭で準備してサポートをする必要があります。
  • Youtubeなどの優れた説明の仕方を参考にします。
  • 生活の場面場面で、クイズにしながら質問します。明らかにやる気がないときは無理やりクイズをしません。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。