雲の中を駆け抜ける東南アジアで最長のロープウェイ

この記事の所要時間: 351

ゲンティンスカイウェイとは

3.8km区間を時速21kmで結ぶ東南アジア最長のロープウェイ。
ゲンティンハイランドの楽しみの一つはこのロープウェイに乗ることです。
家族連れにはロープウェイがオススメコースになります。
ゲンティンハイランドは想像以上に賑やかでしたが、少し自然に触れられそうなロープウェイに乗ってみます。


左の画像が新しいロープウェイ。

この日も大勢の中国大陸から来た観光客で賑わっています。

スカイウェイ

新しいロープウェイはメンテナンス中で乗れなかったので、もう一つのスカイウェイというロープウェイに乗ってみます。

往復の乗車料金は一人RM16(431円)。東南アジア最長という長さの割には安いです。

今回は、頂上から降りてまた昇るという方法で往復しますが、下から昇って降りるという往復や片道でも利用できます。

標高1,700mから急な角度で降りていきます。

いきなり雲を突き抜けていきます。

しばらく前がほとんど見えない真っ白な状態になります。


スポンサーリンク

フィービィ
フィービィ
こわ!

途中でロープがすごくたるんでいるところがあり、勢い良く沈み込んでいくために少し怖く感じます😱。降りていく方向ではなく、出発地点を見ているならあまり怖くないです。

しばらくすると霧も晴れて、視界が良くなります。眼下には100万年の歴史を誇る原生林が広がります。植物は日本では見かけない種類のもので、熱帯雨林を感じさせます。

マレーシアにきて聞いたことがなかったのですが、ここでは蝉の声が聞こえます✨。

15分ほどで終点に到着します。到着したところにバス停があり、無料のシャトルバスが出ています。

シャトルバスが向かった先は

10分ほどバスに揺られて着いた場所は、アウトレットパーク。その名は『ゲンティンハイランド・プレミアムアウトレット』2017年6月15日にオープンしたばかり。


ジョホールにあるのと同系列ですが、施設は巨大です。高地にあるので独特の雰囲気も楽しめます

オープニングセール中のため50%以上の割引商品もたくさんあり、お得感はありましたが、特に心惹かれるものはありませんでした。転売屋さんにとっては今の時期美味しい商品があるかもしれません。

営業時間
10:00am〜10:00pm
定休日
なし
住所
KM13, Genting Highlands Resort,
69000 Genting Highlands,
Pahang Darul Makmur.
フェイスブック
プロモーション情報もあります。

アウトレットパークの中のレストランもどこも高額です。RM50(1,347円)〜。日本の普通の料金と言えるかもしれませんね。マレーシア在住者にとっては、安くて美味しいものをたくさん味わっているので、高く感じます。

夕日が見えるタイミングで帰途に

プレミアムアウトレットを散策した後は、またバスでロープウェイ乗り場に向かい、ロープウェイに乗ります。

天気が良ければ夕日が綺麗に見えます。

まさに雲の上の世界

高原のシルエットが、マレーシアらしくない寒々しい雰囲気を醸し出しています。

ゲンティンハイランドについて

この天空の高原の街については以下の記事に記しています。

東南アジアで最長のロープウェイのまとめ

  • 片道15分ほどの行程になりますが、あっという間です。
  • 1つのゴンドラに8人くらいが限界です。
  • 窓の上の部分を開けられるため新鮮な空気を吸うことができます。
  • 霧の中に突っ込んでいったり、霧から抜けだしたりする感覚が新鮮です。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。