間違えなく革命です、購買行動に与えるすごいインパクト!

この記事の所要時間: 58

珍しく日本発の新技術、マレーシアにもやって来るかな!?

数年前と違い、ネットショッピングが普通の購買行動になってきました。

売り手にとっても買い手にとっても合理的なネットショッピング。

ただしいくつかの分野の商品は、

ネットには向かないのではと思われていましたが・・・。

その壁を打破する、こんな新しい試みを見つけました。

その名はZOZOスーツ

採寸ができるスーツです。

今なら無料です

このスーツを着てスマホで操作したら、一瞬で全身の採寸が完了してしまうんです!!

ネットショッピングで衣類を買う時に一番気になるのがサイズの問題ですね。

ピッタリ?!、
大きい!?、
小さい?!・・・

また、通常のお店であれば、試着してフィット感を確認できますが

子どもが小さい時などは、ゆっくり買い物に出かけて採寸などしていられません😱

残念ながらネットショッピングでも・・・

だから衣類の購入だけはネットを使わない人も多いんじゃないかと思います。

それが今回ZOZOTOWNが発表した、
ZOZOスーツを使えば、
そんな不安を一気に解消できてしまいます。

しかも、このZOZOスーツは、無料で配られています!

衣料販売の革命と言えるのではないでしょうか。

このまま、子ども用の採寸スーツや、靴の採寸などのキッドができてくること間違えなし❗️❗️です。

そして裁縫の得意な東南アジアで採寸データを拾って制作することになれば、
オーダーメイドの衣類が安く生産できる体制が整えられますね。

もちろんですが、ボディサイズをZOZOタウンに握られてしまう😱ことにはなりますが、そのことで不都合な人よりも、便利だと感じる人の方が多いのではないでしょうか。

ZOZOタウンが体型データをビックデータ化して、衣料開発だけでなく様々な分野の参考情報にすることも予想できます。


スポンサーリンク

ネットショッピングの文化はマレーシアにも

もちろん採寸スーツはまだマレーシアに上陸していませんが、ネットは購買行動に大きく影響を及ぼしてきているようです。

その一つが、

Lazada(ラザダ)。

インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ及びベトナムで展開されているネットショッピングモール大手のラザダ。

ASEAN版のAmazonともいえます。経営権はアリババグループだそうです。

決済インフラも、物流インフラも◎

日本でアマゾンを利用している人は、その便利さに驚く毎日だと思います。

マレーシアのLazadaも同様に便利です。
検討中の場合は、カートに入れたまま他の商品と比較しながらじっくり考えることができます。


決済も通常のクレジットカードがりようできますので、オンラインのみで購入手続きを完了させられます。

注文してから1週間ほどで届けられます。

日本のヤマトのように不在時になんども届けてもらうことはできません。

しかし配送状況がSMSやメールで配信されてくるので、だいたい届く日を知ることができます。

また届く直前(15分前くらい)にはドライバーから電話がかかってくることも。

Lazadaのバイクをたくさん見かけるように

街中や住宅街でLazadaの配達バイクを多数見かけるようになりました。

写真の出展:motiondigest.com

人々の消費行動が明らかに変わってきています。

購入した商品点数が少なく、かつ配達時間にどうしても不在となってしまう場合は、セキュリティゲートで商品を預かってもらうように手配しておくもできます。

日本のようにコンビニで預かってもらえるという制度はないですが、代わりとなる便利な使い方です。

ローカル消費者
ネットの方が選択肢が多いね

食品、衣類、電化製品などなんでも揃います。

電化製品などは激安レベルなので、Lazadaの画面キャプチャを使って、ローカルのお店で価格交渉することもできます。故障時の対応のことを考えると近所のお店の方が助かりますね💦、価格は家計に優しいものを、お店のご迷惑にはならない程度で・・・という場合の価格交渉です。

日本のメーカーのものはあまり壊れることがないのでLazadaでそのまま買ってしまうこともありますが、いまのところ困った目にはあっていません。

ネットはかなりの程度人々の購買行動に影響を与えていますね。

また衣類や靴のサイズは、ネットショッピングでは難しいと思えるものでしたが、

日本のZOZOスーツの登場で、また新たな扉が開かれたようです。この考え方がいつかマレーシアに上陸するのでしょうか。

消費者にとって、とても便利なネットショッピング。

売り手にとっては、工夫次第。物販のこれからはさらに知恵が求められますね。

驚きの新技術採寸スーツとネットショッピングのまとめ

  • 採寸スーツのおかげで、ネットで衣類を購入するのが便利になりました。購入に失敗する可能性が減ります。
  • 採寸スーツは、靴や帽子などの分野にも広がっていくと想像できます。ネットにつながった別の地域で生産したものを入手できる可能性もあります。
  • ネットショッピングは世界中の購買行動に影響を与えています。マレーシアも例外ではありません。
  • 店を構えていたらお客が来る、というタイプの商売がだんだん成り立たなくなってくるかもしれません。少なくとも今の子どもたちが大人になった頃には…

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。