マレーシアの中華系幼稚園の教育はこんな感じです

この記事の所要時間: 245

幼稚園に通わせてみました

幼稚園をしばらくの間探してみました。日本の幼稚園のように伸び伸び遊ばせてくれるような幼稚園はなく、どの幼稚園も結構学習に力をいれていたと思います。

そうでないとマレーシアの小学校の教育についていけないからです。

とくに中華系のローカルスクールの学習進度は、ものすごく早いです🏃🏻🌀

そんなこんなで自宅から近い位置にある『Super Kids』という幼稚園にいれてみました。

マレーシアに来た日本人で中華系の幼稚園に入れる家庭はまずないと思われます😅。

参考にはならないとは思いますが、情報としては珍しいかもしれませんので紹介してみます。


食育?もしっかりしてくれています

食堂には、食べ残さなかった子どもにシールが貼られることが記されていました。

食事の様子を録画して送っていただきました

朝食と昼食があります。

朝食はオートミールで、昼食はおかゆなどが中心になっています。

お隣のお友だちや先生に教えてもらいながら、単語を覚えていっています。

先生にも日本語を教えている様子

英語の時間もあって、英語の先生が遊びながら英語を教えてくれます。

綺麗な発音で英単語が言えるようになってきました。


スポンサーリンク

昼寝も

この幼稚園は、午前中だけというコースがないので、昼寝は必須です。

ジェームス
ジェームス
お昼寝は嫌だって…😫

先生に尋ねるとよく寝ている、とのこと。

よく発散させてもらって、食事やシャワー、着替えの練習をし、また集団行動にも慣れさせてもらっています。

ついでに中国語や英語も学べています。

それでもまだ緊張するし疲れています

毎晩よく寝ます。ただ緊張するのか便秘気味に。

言葉ができないのが歯がゆいです。

ジェームス
ジェームス
ぼく、中国語が話せないよ💦

ただ、本人は気づいていないようですが、聴解能力が上がっています。まだまだ周りとは差がありますが。

中国語はできた方がいいと思っているので、助かっています。

長期間通うわけではない予定ですが、通っている期間にできるだけ伸ばせてあげられればと思います。

同い年の子たちとも話せるようになって、もっともっと幼稚園ライフを楽しめたらいいんですが…。

通い始めたSuperKidsのまとめ

  • よく発散させてもらっています。
  • 昼寝もよくしています。先生もマメに連絡をくださいます。
  • 中国語(や外国語)への恐れが少しずつ解かれています。先生に日本語でやりかえしていたり😅もします。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。
    来春から9ヶ月間くらいJBに住もうかと考えている4歳と3歳の子供を持つママです。
    幼稚園探しの記事とても参考になります。
    日本の小学校入学(英語コース)をめざしての留学です。
    ゆくゆくは中国語も習得できるとなおいいな、と思っているのでこの幼稚園いいですね。

    • mamaさん、

      コメントくださりましてありがとうございます。
      ジョホールバルにはたくさんの幼稚園があり、いろいろ見て回れます。

      英語を強化されたいとすれば、いくつかお勧めの幼稚園があります。
      日本人のお子さんもいらっしゃる幼稚園があります。

      我が家で選んでいる幼稚園は、英語の授業があるものの、中国語がメインになっておりますので、
      英語のコースを目指していらっしゃる方には、あまりおすすめできません💦

      ジョホールバルは、車がないと何かと不便なのですが、
      幼稚園の近くに家を見つけると、送り迎えが便利だと思います。

      とはいえ家が決まらないと幼稚園探しも難しいですし、
      幼稚園が決まらないと家を決めていくのもなかなか難しいというジレンマもあるかもしれません。

      お役に立てそうなことがありましたら、調べることができますのでどうぞお知らせください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    Phoebe

    2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。