カンボジアの化学肥料が一切入っていない、オーガニックで、世界一美味しいと称される「カンポット・コショウ」農園の見学

この記事の所要時間: 249

コショウ農園の見学に訪れました

カンポット(コンポート)での滞在中の社会見学の一つはコショウ農園の見学。農園の名前は『ラ・プランテーション』。

貸切タクシーにコショウ農園を訪問したいことを伝えたところ連れて来てもらえました。この農園で栽培されている胡椒は『カンポット(コンポート)ペッパー』。有機栽培で、化学肥料を一切使っていないオーガニックなコショウということで有名です。

出典:https://maptrotting.com

「カンポットペッパー」ブランドを名乗ることができる胡椒には条件があるようです。

「カンポットペッパー」は世界一美味しいと言われています。特に辛さ、香りに特徴があるそうです。買い出し?のような欧米の方を見かけました。新鮮なコショウで味付けが。

ラプランテーションへの行き方

農園を訪れるには、1日あたりUSD$5(565円)のバイクを借りたり、さらに高額になりますがトゥクトゥクを借り切って訪問することもできるそうです。

ラ・プランテーションは、カンポットの東約20kmに位置するBosjheng村に位置しています。 一度カンポットを出ると、いくつかの塩田を通って土でできた農道に通ります。雨が降るとぬかるむので、子連れでバイクだけで行くのは危険かもしれません。

コショウ農園、ラ・プランテーションはというと

いくらか払う必要があるかと心構えましたが、

入場料金もツアーガイドも無料

まず言えることは、山に囲まれた農場は美しく、よく整備されています。 駐車するとすぐに、フレンドリーなファームのガイドさんに歓迎されました。

木製のカフェでコショウができるまでの案内をしてもらいます。 赤、黒、白の各コショウの、栽培の仕方、摘み方、洗浄方法、煮沸したり乾燥したりする方法を案内してもらいました。コショウの他に、ターメリックや塩ができるまでの家庭や体への効能について教えてもらいました。

各コショウを味見することもできました。確かに辛さや風味が異なります。乾燥させたコショウも美味しいですが、生コショウも美味しいです。

他のツアーの方と合流します。流暢な英語で説明をしてくれました。欧米の方も大勢来られています。

そのすぐ後で農場の周りを見学することになりました。

いくつかの種類のコショウが栽培されています



オーガニックな農場

肥料は天然の肥料のため化学肥料が一切使われていません。無農薬なためオーガニック。


化学肥料は一切使われていません。

オーガニックなため、大量生産ができず、1本の木からは1kg〜2kgしか採取できないとのことでした。この農園だけで5万本のコショウの木が栽培されているそうです。

フィービィ
フィービィ
少しわかったよ

農園で働く人たちの休憩所や食堂も見ることができました。

見学を終えて

見学を終えると、最初にガイドさんが説明をしてくれたレストランに戻って来ます。これらの見学ツアーは無料で提供されています。



右の写真にキュウカンチョウが写っています。


この素敵な木造のレストランで買われているキュウカンチョウは様々な言語で話すことができ、観光客を驚かせます。

ジェームス
ジェームス
いま『こんにちは』って言ったよ❗️

おしゃれな建物です



お土産用にもなる、おしゃれな入れ物に入ったコショウが販売されています。
80g入りの黒コショウが、USD$7.00(790円)。同じく80g入りの白コショウがUSD$5.00(565円)。悩ましい価格設定です…。

お土産用にたくさん買うならカンポットの町で普通のお店を回って見るのもいいかもしれません。


スポンサーリンク

無料で提供されているコショウも

コショウの美味しさに触れるにつれ、もっと味わってみたいという気持ちが強まって来ます。

ピーナッツと、塩とコショウの組み合わせがたまらなく美味しいです。

味わわないまま帰らないわけにはいけない

コショウを味わってみたくなりましたので、このレストランのメニューの一つである焼き飯を頼んでみることにしました。



1食USD$3.00(339円)。コショウがとても美味しかったです。焼き飯と細かく刻まれた野菜の味を引き立てつつ、コショウ自身の個性も楽しめました。ちなみにカンボジア料理のロックラックは1食USD$6(678円)。

学びの多いコショウ農園の見学ツアーでした。何気なく使っているコショウの背景をしれば知るほど、味わい深くなります。


店舗名
ラ・プランテーション
住所
Kâmpôt, Kampot, Cambodia
Bosjheng village – Kon Sat commune – Tek chhou district
ツアーガイド
9:00am〜6:00pm
URL
http://kampotpepper.com/

農園の紹介映像

食卓では地味な存在。引き立て役ながら、個性が豊かなコショウ。これからはもっと真剣にコショウを味わうことになるのでしょうか。

農作業の様子

コショウ農園の見学ツアーのまとめ

  • 世界一美味しいと言われる「カンポット(コンポート)ペッパー」に触れられます。栽培の様子を見学できます。
  • 無料見学ツアーに参加できます。コショウの試食もできます。コショウに対する見聞が広がり、もっとコショウを味わってみたくなります。
  • この農場に行くまでには土でできた農道をひたすら通ります。水はけが悪いため雨が降った後はぬかるみができます。
  • この農場の近くには食事をするところはありません。農場内のレストランのみです。1食USD$3.00(339円)〜USD$6.00(678円)。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。