潜入、怪しすぎるジョホールバルの日本食材屋さんの倉庫で売られていたものは?買い方は?

この記事の所要時間: 62

日本の食材を求めて

マレーシアで生活をしていると、たまには家で日本の家庭料理でも、と考える時があります。
便利なジョホールバルとはいえ、日本の食材がいつでも簡単に手にできる状態にあるとはいえません。

大抵はイオンに行って購入することになるのですが、ジョホールバルにはいくつか日本の食材を専門的に扱うお店があるということをお聞きしたので、伺ってみました。

倉庫の佇まい

本当に倉庫ですね。あまり写真をパシャパシャ撮れるような雰囲気ではありません。

写真の左側の入り口から事務所へ入っていきます。(右のドアは保冷庫のドア)

自動車を停めるところもないので、道に停めます。
すこし様子を伺っていると中華系の代表者が。

倉庫の代表者
何をしてるんだ

フィービィ
フィービィ
ここで日本の食材が扱われていると聞きましたんで…

倉庫の代表者
中に入って待って。

中の様子はというと

靴を脱いで入る事務所です。エアコンが効いています。

奥に見えているのが倉庫。

中には2人の女性スタッフと店主の机があり書類がたくさん。
玄関の様子は4台のカメラで写されているようで、壁掛けのモニターがありました。

スポンサーリンク

卸屋さん専門?

個人に販売するというよりは、レストランなどのお店に販売するのが専門のようです。倉庫には何人か買い付けにきている人が商品を見ています。

倉庫の代表者
どこのお店の人?

個人的に利用したいことをお知らせし、販売されている食材リストをもらいました。リストは日本語読みになっているので比較的わかりやすいです。

実際に販売されているのは、冷凍食品です。日本や台湾から輸入した食材が多いようです。

実際に購入

レジはないため、現金でその場で支払い。お釣りが必要になるのが、すごく嫌そうでした😣

訪問した時間が、閉店ギリギリの5:00pmごろだったのものよくなかったと思います。

個人で少しずつ買うには使い勝手が悪いですね。

明太子 80g(実際には70gでした😥)

RM25.00(677円)。カチカチに冷凍されていました。
かねふくというというお店のものでした。
有名なお店のようですね。
パッケージには70gと書いてありましたが、リストにある80gの値段で支払いました。見逃していました💦



日本ではスーパーに並んでいるものは1gあたりで、10円くらいなので、あまり変わらないでしょうか。
ちなみに、ネットでは業務用訳ありとして以下のようなものが売られています。

さんまのかば焼き 110g

シンガポールのEastern Harvest Foodsという日本食材を取り扱う輸入業者経由で納入された台湾もののようです。カチカチに冷凍されていました。
RM7.5(203円)。



日本では普通、缶に入ったものになるかと思います。1gあたり2円くらいでしょうか。

日本で買うとなると

まとめ買いなら

缶入りだと少しやすいかもしれません。海外へ持っていくには缶の重さがネックですね。

味はというと

まだ試していません。久しぶりの明太子を美味しくいただきたいと思います。

期待しているイメージ図。実際にはもっと小さいです😅

買い方

倉庫に積み上げられたものの中から選ぶ、というよりも、あらかじめ注文してから店に行くといいです。

注文は電話を基本とするらしいです。FAXもOK。E-mailは見逃すこともあるからできるだけやめて、とのことでした。
FAXを送信して、そのあと電話で確認する方法です。

中国語、英語がOKです。

価格は

日本の安いお店で購入する価格と変わりません。空輸するよりは効率がいいですね。
マレーシアの一般のお店で日本食材を購入しようとすると普通日本で購入するより高いので、このような専門店で購入するのが安いと言えます。

お店(倉庫)の場所

店舗名
Wonderful Aquatic Sdn Bhd
営業時間
9:00am〜5:00pm
定休日
日曜日、土曜日の午後
住所
27,
Jalan Satria 17,JB Perdana Industrial Park,81300 Skudai, Johor
電話番号
075-11-3599
携帯電話
012-708-0933・019-715-6275
FAX番号
075-11-3579
URL
https://www.facebook.com/Wonderful-aquatic-sdn-bhd-1729401847327500/

我が家でこのお店を利用するシーン

ホームパーティのときに日本食を準備することが喜ばれます。多めの分量の食事を準備するときに、必要な食材をリストアップしてここで購入する方法があります。

在庫確認の電話と注文をする必要がありそうですね。

あと、時々、日本のものを“お家ごはん”したいときのためにいくつか購入して奥良さそうです。

取り扱っている商品の日本語訳と日本円の表は記事を改めて作成したいと思います。

怪しい日本食材卸しの倉庫のまとめ

  • レストラン用に卸しているようです。個人でも利用できますが、店の雰囲気からするとあまり歓迎されているようではなかったです。
  • 倉庫から商品を探すのは大変なので、取扱商品のリストから必要そうなものをピックアップしてお店に行く必要があります。
  • 在庫がない場合は取り寄せになります。あらかじめ電話やFAXで確認しておくと効率がいいです。
  • 手渡されてあリストは少し古いです。実際に手にとった商品と内容量が異なる可能性があるので、要チェク
  • 商品の価格は日本で購入するのと変わりありません。(マレーシアの一般のお店で購入するよりは安いです)。空輸することを考えると手間もお金もかかりません。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。