インターナショナルスクールに入れていれば中国語も身につく?

この記事の所要時間: 248

マレーシアのインターナショナルスクール

たしかに中国語の授業はあり、たまにですが宿題もあります。

でも学習内容を観察してみると、学校のカリキュラムではとても中国語が身につくとは思えないものです。

漢字を学ぶ宿題

学校のポータルサイトを経由して宿題のプリントを受け取ります。
このプリントをナゾって練習するように、と。

全ての家庭にプリンタがある、という前提でPDF文書が配られています。

超手抜きな宿題ですね😅

受け取ったプリント

当然ですが学校のポータルサイトへのアクセス方法なども保護者はわかっている前提で教育システムが構築されています。

フィービィ
フィービィ
漢字と書き順を覚えることができるよ。


スポンサーリンク

漢字を使わない国からきた人たちは、難しいと思います。

このプリントに意味と読みが書かれていない💦

チャイニーズの方々にとっては楽々ですが、その他の大勢の人にとっては『これで中国語ができるの?』と疑問を持たれてしまいそうです。
読み方や意味がわからない場合はどうすればいいでしょうか。

Google翻訳の手書き入力

手書きモードで入力。近い文字の中から探したい文字を選びます。

手書きで漢字が検索できるとは!
簡単便利😀

昔は電子辞書を購入。その昔は辞書を持ちながら画数をカウント…。漢字検索がずいぶん便利になりました。

しかも無料!😀

ただ…Googleも正確ではない…

うまく漢字を見つけてくれたものの、意味については微妙です。

英語で『Woman』と訳されました。日本語では『女性』と訳されています。

フィービィ
フィービィ
学校では『grandmother』『おばあさん』と習ったよ。

そちらの方が違和感がないですね。

ちなみに、中国語で『婆』を一文字だけで何かを表すことはほとんどありません。

『老婆』と書けば妻のことを表します💦『◯+婆』で一つの単語。ややこしいですね。

Google翻訳の今後に期待です。読みを正しく発音してくれるのは大助かりです。

ちなみに『Line Dictionary』というサイトでも手書きで漢字を検索することができます。

丸投げなもんで

中国語の授業のコマ数は少ない上に、家庭の学習もプリントをどうぞと渡されるだけの状態です。

学校のカリキュラムだけで中国語の進歩を期待することは難しそうです。

マレーシアのインターナショナルスクールの中国語学習のまとめ

  • 宿題はPDFを丸投げ。あとはいろいろ調べてね。と。他の部分に力をいれているためか、中国語学習の力の入れ具合は少ないです。
  • プリンタは家庭に一台必要です。
  • 漢字の読み方や意味については、手書き検索で。(ただし辞書サイトの説明が必ずしも正しいとは限りません)。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。