シンガポールとマレーシアのフードコートの料金比較で見える両国の差

この記事の所要時間: 428

もともとは同じ国なので食事も似たようなもの

マレーシアとシンガポールはもともと同じ国でした。

50年ほど前にマレーシアから独立してシンガポールという国ができました。今でもシンガポールとマレーシアは共通点が多いです。

両国の共通点のうちの一つは食事。気軽に外食が食べられます。

ショッピングモールにあるフードコートのメニューも似ています。地元の人が気軽に立ち寄って食べるのに便利なつくりです。

そして安いので、気軽に手軽に立ち寄れます。


スポンサーリンク

シンガポールのフードコート

清潔に保たれています。レジで注文と同時に支払いレシートをもらいました。

レシートには番号札が付いていて、食事ができたら電光掲示板で知らされるので、レシートを持ってカウンターで受け取ります。

外国人観光客も多いからでしょうか。メニューに写真とナンバーが付いているので、詳しく知らなくても注文ができます。

フードコート価格の比較

フードコートが庶民の食卓の代わりになる、というところはマレーシアもシンガポールも同じです。

メニューが似ているなら、価格はどうかというと…。

ワンタン・ミー(ドライ)

マレーシアでおなじみのワンタン・ミーは、だいたいRM4.50(124円)〜RM6.00(166円)くらいで食べられます。

出典:tripadvisor

シンガポールでは、同じような数字で4.80ドルです。地元の人にとっては気軽に食べられる価格設定です。

これを日本円にて換算すると392円になります。

日本のフードコートと変わりないですね。

チャーシュー・豚ローストライス

チャーシューもローストもどちらも楽しめるものです。もちろんチャーシューだけという注文の仕方もあります。

マレーシアでは、RM6.00(166円)〜RM7.50(207円)くらいで食べられます。

出典:hungrygowhere.com

ちなみにジョホールバルでオススメのお店は以前取り上げた下のお店です。(我が家的には美味しい✨)

1食、RM7.00(193円)という安さながら、味付けがすごく美味しかったです。

一方、シンガポールでは…

立ち寄ったフードコートは、5.80シンガポールドル。数字だけ見ると安っ!と言いたいですが…。

しかし、これを日本円にて換算すると474円になります。

物価は約3倍近い差

1シンガポールドルはRM3です。

フードコートで表記されている数字は似ていますが、通貨の価値が異なります。

外食の料金の違いはだいたい3倍近いと言えます。

兄弟のような2国の間にそびえ立つ3倍の差

シンガポールの経済成長が驚くべきはやさだったために、通貨の価値が大きく開きました。

シンガポールに住みたい外国人は、お金持ちか頭のいい人に限られます。

物価の差が双方のメリットになることも

国境を接するジョホールバルには、シンガポール人の爆買いのお客さんが日常的に居ます。町中にSから始まるナンバーの車が走っています。

同じものを買うのでも3分の1になるのはシンガポーリアンにとっては魅力的なことです✨

同時に、ジョホールバルのマレー人が出稼ぎにシンガポールに出かけます。

同じ時間働いても3倍の給料の差があるので、ジョホールバルに住むマレー人にとってもメリットがあります。

田舎から出てきて5年くらい頑張って稼いで、また田舎へ帰るという家族もいます。

マレーシアとシンガポールの物価のまとめ

  • 3倍近い物価の差があります。
  • 普段口にしているものは似ています。ただしシンガポールのフードコートは清潔なところばかり✨です。
  • 両国を行き来できるジョホールバルはマレーシアの中でも特に多様性に富んでいます。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。