マレーシアのMM2Hビザのための資料作りに役立つ場所

この記事の所要時間: 56

ビザの申請のためには、様々な書類を揃えなければなりません。

時には必要な書類を集めるために奔走する必要があります🏃‍♂️💨。

できるだけ効率よく揃えたいところです。

コピー機は

ビザの相談窓口では、申請者が持参した原本のコピーをとってくれるサービスはありません。

日本のようにコンビニにコピー機がある、というわけでもありません。

原本と一緒にコピーも準備しなければなりません。

手続きによっては、今支払ったばかりの手数料の領収書のコピーを提出することが求められます。

なのでコピー機がどこにあるかを抑えておく必要があります。

MM2Hのイミグレーション(文化芸術観光省)のG階のカフェテリア

G階のカフェテリアの奥にあるコンビニにコピー機があります。
書類に不備があれば、ここにお世話になる可能性が大きいです。

イミグレーションオフィス Presint2の2階

スペシャルパスの取得など、MM2H以外のイミグレーションオフィスは、別のエリアにあります。
窓口にはもちろんコピーサービスはありません。


コピー機は2階にあります。スペシャルパスの取得時には4階と2階を行ったり来たり😅。

マレーシアでは、コピー機の操作はお店の人が行います
どのサイズに、どの部分をコピーするかは、お店の人にリクエストをします。

日本のコンビニのように勝手に操作をし始めてはならないです😅。

スタンピングオフィス(LHDNのG階)

MM2Hの家族の追加申請時に、不足資料を指摘されました。

MM2Hオフィス
『パーソナルボンド(RM10.00の印紙と消印付)。法令遵守の宣誓と保証人による証明書』を改めて提出してください。


納税局で、宣誓書を記入し、収入印紙の交付を受けて来てください、とのことです。
記入用紙は、
移民局からダウンロードできます。

記入例

保証人と申請者は家族でもOK。今回の申請者は我が家の👶。署名も全部代理です。

このセキュリティボンドはほとんど意味をなしていないようです。

このフォームへの記入の他に、事務所に置いてあるパソコンを使って、個人情報を入力する必要があります。

手書きのフォームと、コンピュータ入力の2度手間になりますが…、ルールなので素直に従います。

場所を探します

LHDNと呼ばれるスタンピングオフィスは各地にありますが、プトラジャヤにはないです。
自力でなんとか探す必要があります。

フィービィ
フィービィ
探検だね。

日本の機関のように、住所や地図を書いたスリップを渡してもらうこともありません。
マレーシアの行政機関同士の連携もあまりできていないので、何かと不便ですが、ネットの力を借りて探し当てます。

3:30pmまでしかやっていないです💦

地図上では近そうに見えますが、途中で高速道路も通る必要があるので、見た目よりも時間がかかりました。

ジョホールバルのLHDNオフィスは並びますが、サイバージャヤのオフィスはほとんど並びませんでした。すぐに対応してもらえました✨

施設名
LHDN(Lembaga Hasil Dalam Negeri Malaysia)
営業時間
8:00am〜3:30pm
定休日
土曜日、日曜日
住所
Persiaran Rimba Permai, Cyber 8, 63000 Cyberjaya, Selangor
URL
公式サイト


スポンサーリンク

証明写真も

イミグレーションに提出する資料には証明写真が含まれる場合が多いです。
マレーシアのルールにしたがって、背景は青にする必要がある場合が多いです。

写真屋さんは目的ごとの証明写真のサイズと背景のカラーをよく知っています。
それでも念のために写真の情報を自分でも把握しておく必要があります。

店舗名
Kedai Gambar Presint 9
営業時間
10:00am〜8:30pm
定休日
土曜日、日曜日
住所
Jalan P9g/7, Presint 9, 62250 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya

あまり綺麗な感じはしないですが、スタジオで撮ってくれます。インド系の女性スタッフが対応してくれました。

プリントしたのと同じ写真のデジタルデータをCD-ROMに入れてくれます。

泣きっ面でもしょうがないです

ビザ用の提出資料にどうしても必要です。事務手続きをなんとか短縮したいので、泣き止むのを待たずに撮影😅

赤ちゃんなので、このような写真でも👌でした💦

必要なサイズにカットしてくれます。助かりました。

政府機関への資料提出のために役立つ施設のまとめ

  • コピーは自分で準備する必要があります。どこにコピー機があるかを把握しておくと、何かと助かります。
  • 移民局のイミグレーションオフィスの位置、MM2Hのイミグレーションオフィスの位置、LHDN(スタンピングオフィスの位置がそれぞれ離れています😅。自動車で10分くらい。
  • マレーシアには無人の証明写真機は基本的にないです。撮影をしてくれる写真屋さんを探してお願いする必要があります。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。