カンボジア・プノンペンのイオンモールはすごかった!!

この記事の所要時間: 612

ここは日本かと勘違いしてしまいそうなイオンがそっくりそのまま出現

イオンモールは外装も内装も日本のクオリティ。ファッションやコスメ、電化製品等々入っているお店や販売されている物も日本ではお馴染みのものが多く、特に食事に関しては吉野家、ペッパーランチ、うどん、回転寿し、ラーメン、長崎ちゃんぽん、たい焼き屋、駄菓子屋等々と書き出せば切りが無い程です。

日本そのままのクオリティ、という意味ではマレーシアのイオンモール(開業後数年経ったモール)よりも日本らしさを感じます。クアラルンプールのメガモールのように綺麗で日本人ウケしやすい演出があります。

イオンモールプノンペンは、カンボジアのプノンペンに所在する、2014年6月30日に正式オープンした大型ショッピングセンターです。2018年には、2号店がプノンペン市内のPONG PEAY CITY Project区画内にオープンする予定です。イオンの岡田社長によるとカンボジアでは5店舗程度の展開を見込んでいるとのことです。

Wikipediaより

店内の様子はというと

他の店と異なり、照明が明るいです。日本のコンビニやショッピングモールに共通する照明の明るさは、プノンペンのイオンモールにおいても顕著です。



日本でお馴染みの100円ショップのダイソーは1.9ドルショップとして展開されています。

モールの雰囲気はというと

無料で入場できるショッッピングモール。エアコンを当たりにくるお客さんもいるかもしれません。中間層のスタンダードな生活スタイルはこれだ!と言わんばかりの店構えです。カンボジアの物価を押し上げているかもしれません。

場所はというと


スポンサーリンク

子連れはというと

子連れでショッピングは大変です。特に発達障害を持つ子供にとってモールの照明・音楽・陳列棚は刺激が大きすぎるようです。

子どもを遊ばせるスペースがあります

Kids Park

数多くの遊具で遊べます。



フィービィ
フィービィ
トランポリン!

室内なので全天候対応

エアコンも効いていてすずめます。子どもたちには靴下を履くことが必須です。大人は遊具で遊ぶことは許されていませんが、待機スペースで待機することができます。無料のWifiも利用できます。

利用料金

平日:USD$6.00(669円)
土日:USD$8.00(891円)
付き添いの大人は、無料。

子どもの手の甲にスタンプを押され、1日のうち何度も出入りができ、制限時間は無制限です。



ジェームス
ジェームス
ボールもいっぱい

子どもサイズの清潔なトイレも

※ Kids Parkから一旦出る必要がありますが、すぐ近くにあります

子どもを遊ばせる大人と、買い物に走る大人とで手分けして効率的に買い物ができます。

物価調査

イオンモールの物価はだいたいどのような感じでしょうか。2種類だけなので調査とは言えませんが…。


ジーンズや寿司

LIVISの502ジーンズがUSD$77.00(8,579円)。
スーパーのにぎり寿司1パック$4.40(490円)。

カンボジアの人たちにとっては高い料金設定です。価格においても日本と大差はないと感じました。

吉野家で牛丼を

お店に入るなり『いらっしゃいませ〜』と呼びかけられます。日本人と思われるビジネスマンが何人か出て行くところを見かけました。

お味はというと

日本のものとほぼ変わらなかったです。コメの質がやや違いましたが、これは仕方ないと思います。
お茶が出てくることはなかったのすが、生姜(ガリ)や七味唐辛子を自由に振りかけることができました。でもなぜかセットメニューにはコーラが💦

価格はというと

メモできたものだけになります。

  • 牛丼
    USD$3.50 (390円)

    コーラ付

  • 牛丼(温泉卵付)
    USD$3.75 (418円)

    コーラ・味噌汁付

  • 鉄板焼きうどんセット
    USD$6.00(669円)
  • サーモン丼
    USD$5.90(657円)

    コーラ付

クレジットカードでの支払いもOKでした。

店舗名
イオンモール・プノンペン
営業時間
8:00am〜10:00pm
定休日
年中無休
住所
#132,Street Samdach Sothearos, Sangkat Tonle Bassac,Khan Chamkarmon, Phnom Penh,Cambodia
駐輪場代
USD$1.00 (111円)
バイクで駐輪するだけでも駐輪料金はかかります。買い物に応じて割り引かれる制度はありません。また駐車券を無くすと閉店までバイクを外に出せないという事態に😱。
URL
http://aeonmallphnompenh.com/

海外生活者にとって日本食や日本食材は懐かしくなります。なかなか国外では納得のいく日本食に出会えることはありませんが、プノンペン・イオンにはカンボジア食材はもちろんのこと、日本食材も豊富にそろっています。調味料から始まり納豆や豆腐、日本のお菓子は当たり前のように揃っています。加えて、おたふくソースやレトルト食品、冷凍食品などもあり、少々値段は高くなってしまうものの、これを見た時にプノンペンに住むのもいいかも、と思えてしまいます。

プノンペンのイオンモールのまとめ

  • ここは日本かと勘違いしてしまいそうな雰囲気です。
  • 日本とほぼ変わらない価格設定です。食材に困ったらここに来れば大丈夫そうです。
  • 有料ですが子どもが遊べる場所もあります。無料で利用できるWifiもあります。
  • 駐輪場代も費用がかかります。駐車券を絶対になくしてはいけません。

 

The following two tabs change content below.
Phoebe
2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。

ブログランキングに参加しています

ご迷惑でなければ、ポチッとクリックをお願いします。
他のブログサイトにも参考情報が盛りだくさん。👇👇👇

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Phoebe

2015年から家族でマレーシアに引っ越してきました。フィービィという名前はマレーシアに来た時に、友だちが名付けてくれました。7月7日京都生まれ。今はジョホールバルに住んでいます。いまハマっていることは、ピアノと縄跳びです。弟が一人います。父の手ほどきを受けながらブログを熱く更新中❗️と言いたいところですが、まだまだタイピングはできず・・・読者としてアーダコーダいう担当です。